Tel:0569-21-1730 浄土真宗 真宗大谷派 坂田山 順正寺
愛知県半田市堀崎町1丁目58番地

八正道・ 正思惟/しょうしゆい 2017/06/01

正思惟

 お釈迦様は、八つの正しい行いとして八正道を説いた。その一つが「正思惟」だ。
正しく物事を思い考えなさい、という。 簡単な教えではあるが、その意味するところは深い。
どんな家を建てるにしても、まず基礎工事をしっかりとしておかないと進まないのだ。
 「和尚さんのお話は難しくて、わからん!」
 こんなことを言われたときは、もう一度相手の顔をのぞき込んで考える。
 「わからん!と言うが、どうわからんのだろうかと。」
これが最大の問題だ。
 仏法は、不可思議である。 思いはかることが出来ないこと(不可思議)を、正しく(正思惟)思い考えなさい。と言うのだから、ますますわからなくなるのは当たり前だ。
 まず第一に理解すべきことは、人生に何の問題もない人は仏法もとりたてて必要ないのだ。 人生すべてがハッピー順風満帆ならばどうして、諸行無常の話など必要になるものか。
 仏法を聞いてみたいと思う人は、必ずその心のどこかに何かを抱えている。ある人は悲しみであったり、ある人は虚無感であったりする。  仏法のお話は、常に自分自身の心の中とつながっている。自分の心の中と照らし合わせながらの理解だ。  心を横に置いて、数学の方程式のように仏法だけを理解しようと思っても、それは意味がない。ただ難解不明なお話になってしまう。
 人の心の中ほどやっかいな場所はない。
真っ直ぐ進むことが出来る時もあれば、迷路に迷ってしまうこともある。そこにはちょっと触れてほしくはないんだけどと、扉を閉めてしまうこともある。  人の心は、体験と共に人生の時間の流れの中で形成されてきた。長く生きていればそれだけ長い時間かけて心は出来上がってきたのだ。  それを仏法は一つ一つ紐解いていく、自ずと時間が必要だ、それと向き会うひとりの時間が必要だ。
 たとえるならば、お漬け物のようなもの。
大根をぬかの中に漬ける。 一晩たって大根を取り出して、うまくないと言ってあきらめてしまっては意味がない。 お爺さんやお婆さんから受け継いだ智恵のある家庭では、そんなことはしない。漬け物を美味しくするには、少しばかりの環境と時間そして忍耐が必要だ。  すべての条件が整えば、あるとき美味な食材と変容する。
 お釈迦様が言われる「正思惟」もそのようなものだ。
学校のテスト前日の「一夜漬け」とは到底いかない。 高価なバッグを買ってきて自慢するように仏法を理解しようと思っても無理な話。
 正しく向き会い、理解出来ることは理解して、分からないことは分からないままにしておく。
ある日、新たな理解が芽生えるかもしれない。
そうでないかもしれない。 すべて、ご縁である。  仏法にご縁があった、一生をかけて理解し深めてゆくもの。
 そのようであると、私は理解する。
順正寺 住職 

六角堂ステンドグラス

ステンドグラス

-->

↑ PAGE TOP